血管年齢のセルフチェックで動脈硬化を予防しよう

血管年齢のセルフチェックリスト

血管年齢のチェックリストには日々の生活を振り返って質問に答えるだけで診断ができる項目が並べられています。普段から肉類を多く食べたり、スウィーツなどの甘いものが好きな人は体が酸化しやすくなっているので、血管年齢も高くなる傾向にあります。

また塩辛いものや味付けの濃いものが好きな場合には、血液中の塩分濃度が濃くなるので、血圧が高くなりやすくなるので、血管に対する負担が大きくなるので、そのために血管の年齢も高くなります。またお酒を飲む機会が多い場合は、血管を収縮させるので飲み過ぎている場合には血管が傷ついている可能性があります。

動脈硬化とチェックリスト

血管年齢のセルフチェックリストにある項目は動脈硬化や心臓病などのリスクとリンクしている項目が多くあるので、該当する項目が多い場合には生活習慣を改善する必要があります。また太り気味である場合には血管系の病気のリスクが高まるので、なるべく早くダイエットを開始して体重を減らすことが大切です。

ダイエットをすると血圧が下がるので、血管の病気のリスクが低下するので、血圧が高めの人は有酸素運動をするように心がけて、甘い食べ物やアルコールなどをとり過ぎないようにすることで、体重を減らすことができます。