血管年齢と見た目は比例する?!気になる真偽に迫る

血管年齢が見た目を左右する

スキンケアやメイクなどの影響で見た目年齢が若い人は多くいますが、中には特別なケアをしていないのにも関わらず見た目が若い人もいます。実はそのような人は、血管年齢が若いのです。

血管が老化してしまうと、体全体の老化につながるので、肌や免疫力に作用して老けた印象になってしまいます。血管年齢を若く保つことで免疫力や代謝機能が高まるので、肌の状態も良くなり活動的になって、実際よりも若く見られることが多くなります。
若々しい印象を与えるには、血管年齢を若くして内側から変えていくと、それが外見の若さになっていきます。

血管年齢を若くするためには?

血管は年齢を重ねるにつれて徐々に硬くなっていき、食事や生活習慣の影響でコレステロール値や中性脂肪値が高くなってしまうと、見た目年齢はおろか動脈硬化を引き起こしてしまいます。

血管を若くするには、脂質異常症になるような食品は抑えて野菜やフルーツなどを多く摂り、適度な運動を心掛けてください。喫煙やストレスなども血管を劣化させる要因になるため、禁煙と自分なりのストレス解消法を実践します。化粧品やエステなどの外側からのケアだけではなく、内側からケアして血管年齢に気をつけることが若さを保つ秘訣になります。

参照:きなり口コミ