動脈硬化予防で血管年齢を下げる!トマトジュースで健康に

血管年齢とトマトの抗酸化作用

トマトにはリコピンという色素が含まれていて、非常に強い抗酸化作用を持っていることから、血管の病気の予防に効果があるとされています。

血管年齢を下げるためには食生活の見直しが必要なのですが、とくに緑黄色野菜に含まれている、ビタミン類やミネラル、ポリフェノールは血管を若々しく保つためには必要とされていて、赤身の肉の量を減らして、緑黄色野菜を摂取するようにすることで、心臓病や動脈硬化などを予防することができます。豚や牛などの肉には体を酸化させる物質が含まれているので、トマトなどと一緒に食べることが大切です。

血管年齢を下げるためには

血管年齢は生活習慣と密接な関わりがあるとされていて、喫煙の習慣がある人の場合は、非常に高くなっています。タバコを吸うことによってニコチンなどの有害な成分が肺の機能を弱めて、血管に対する負担を大きくしてしまいます

また血管が収縮を繰り返すので、血栓症になりやすくなり、これに加えて動脈硬化が起きてくるので、若々しい血管を保つことが難しくなります。トマトに含まれているリコピンは赤い色素に含まれているのですが、摂取することで体の酸化を予防することができるので、老化した血管をもとのように正常な状態に戻すことができます。